自律神経失調症の体験談1

どこの会社も似たようなものなのかもしれませんが私が最初に勤めた会社は、表向きは社員の体調を気遣っている風でも実際働いている仲間内の間ではあまり理解がない雰囲気でした。
女性社員が生理休暇を取ると、認められはするものの、やはり「いいよなー、女は」と陰口を言われたり「ようは責任意識の問題だ。」とメンタル面での問題を軽んじらていたように思えます。

私の上司も優しくてとても部下思いな人でしたが、そのあたりの意識はあまり高くないような人でした。
「休んだ方がいいよ。」と言ってはくれるのですが「会社でそのように言うように言われているから」という感じが隠しきれない感じが伝わってくるのでやはりみんな自分の体調についてあまり口にできない雰囲気でした。

そんな中、一人の先輩から「出社しようとすると動悸が激しくなったり、腹痛が激しくなって冷や汗が止まらない。」という連絡がきました。
先輩は仕事をバリバリこなすタイプの人ではありませんでしたが、人に頼まれたことを断れないお人よしな性格で、大変な仕事をよくまかされてしまうタイプの人でした。

病院に行って診断を受けると結果「自律神経失調症」。
上司には、昼夜を問わないような過酷な労働によるストレスによるものと報告されたようです。
「『自律神経失調症』って、つまり心の病気ってやつでしょ?あいつってそんなに辛い仕事してたっけ?

甘え過ぎなんじゃないのかね、みんなストレス抱えててもがんばってるのに。」やはり周りも上司もあまり先輩に対して理解をしようとする雰囲気がありません。
んー、どうしたものか。
私は今まで自分の周りでそのような症状に苦しんでいる人を見たことがあるため、みんなと同じような態度が取れませんでした。
周りに言うべきかどうか。
でも言ったところでどうしようもない気もするし・・と迷っているうちに、上司ともう一人の先輩が本人宅を訪問したとのこと。
優しいところもあるじゃないか!と詳しく話を聞いてみると、なんと「みんな待っているから、一刻も早く治して復帰できるようにがんばって」と激励してきたというから驚きました。

がんばれと背中を押すことは、時と場合によって人を苦しめることになるからです。
先輩が自律神経失調症であるならそれはなおさらのこと。
ストレスで体調がおかしくなってしまっている人に対して追いうちをかけたようなものです。

勇気を持って話すべきであった、と私は後悔しました。
その後、先輩に連絡を取るべきかどうか悩みましたが「仕事のことはこちらでなんとかできるので、まずはゆっくりしてほしい。」とメールだけしたのですが今思うと、「仕事をこっちでやる」と言ったことで、責任感の強い先輩に余計なプレッシャーを与えはしなかっただろうか、と不安になります。

自律神経失調症のことを知っていたって、どのような態度をとるべきか難しい問題です。
知らないことは間違いを生みますし、患者の病状をさらに悪化させてしまうことにもなりかねません。

数ヵ月後、先輩は仕事を辞めました。
会社にはカウンセラーさんもいますし、診断をされた社員に対してある程度の保障もありますが、やはりそれ以外にも、周りの理解が大切なんだと痛感させられる出来事でした。
もちろん自律神経失調症の原因が会社だけにあったわけではないと思いますが、それでも、もっとなんとかできることがあったのではないだろうかと思います。
自律神経失調症の関連記事

自律神経失調症~ポジティブシンキング 

あなたは、自律神経失調症という病気について何か知っていますか?
「自律神経失調症は病院で治療をするしかない」と思っている人が多いと思います。
確かに、病院にも行かなければいけません。病気なのですから、それは、当たり前の事です。
ですが、お家でのセルフケアの一つとして自分の考え方を少し変えていくだけでとても楽になる事があるのです。
ここでは、その、自分の考え方を変えるという事がどんな事なのかをお話したいと思います。

さて、自律神経失調症の患者の多くに見られるのは何でも、後ろ向きに捉えてしまうという事なんです。
例えば、朝、「おはよう」と挨拶をしたとします。
相手に聞こえていなくて、返事が返ってこなかった時ってだれにでもありますよね。
そんな時にあなたはどう思いますか?多くの人が「聞こえてなかったのかな?」と思いますよね。
だけど自律神経失調症の患者は、違う捉え方をするのです。
「無視された、嫌われた」とネガティブに考えてしまうのです。
そんな風に考えてしまっていてはストレスが大きな原因の自律神経失調症はますます悪化してしまいます。
そうならないようにまずは、自分の気持ちをポジティブにすることが大切です。
他人の目を必要以上に感じてしまわないように注意しましょう。
自律神経失調症の記事

自律神経失調症~音楽療法

あなたは、自律神経失調症に音楽療法が効果的だと知っていますか?
これは、最近になってやっと認められてきた自律神経失調症の治療法です。
音楽は、ストレスを解消してくれる働きがあると言われています。
では、どんな時間にどんな音楽を聴けばいいのでしょうか?
ここでは、自律神経失調症の治療に役立つ音楽療法の仕方をお話します。

まず、音楽療法が最適とされる時間なのですが、これは、自分がしたい!と思ったときで良いのです。
例えば、お風呂に入っている時でもいいし、寝る前だって構いません。
ただし、より自律神経失調症の治療として望ましいのは同じ時間帯に音楽を聴くことです。
同じ時間に音楽を聴いて体に慣れておいてもらうことで更に効果が期待できるのです。
また、適切とされる時間はありませんが、もし、その自律神経失調症の患者が睡眠をあまり取れていないようなら寝る前に音楽療法をすると
眠りが深くなってくれるのでオススメです。
基本的には自分の好きな曲で良いのですが、あまり激しい音楽は避けた方が無難ですね。
自律神経失調症おすすめ記事

自律神経失調症とストレス

あなたは、自律神経失調症の原因の一つにストレスがあることを知っていますか?
このストレスは、生活のいたるところに転がっています。
「私は、ストレスなんて無いから自律神経失調症ではない!」と勝手に決め付けて病院へ足を運ばなかったり・・・なんてことはしないようにしましょう。
では、どんな物がストレスになってしまうのでしょうか。
自律神経失調症の原因になるストレスには、意外な物まで含まれているのできちんと知っておきましょう。

まず、どんな物がストレスになると思っていますか?
もちろん、人間関係に疲れる事もストレスになりますし、それが原因で自律神経失調症になる人は多いです。
ですが、意外に小さなストレスの積み重ねが自律神経失調症になってしまうこともあるのです。
例えば、携帯電話です。今の時代、誰でも持っていますよね。
その、液晶画面の光もストレスになっているのです。
携帯電話は、いつも持ち歩いていると思います。それ自体は小さなストレスでも、それを1日に何回も見ていたら相当なストレスになってしまうんです。
また、車の運転というのもストレスになっています。
例えば、あなたの周りに、車を運転している時は雰囲気が違う人はいませんか?
それも実は脳がストレスを感じているのです。
こんな風に、意外なところにストレスは転がっています。
ストレスは無い!と言い切らないでくださいね。
自律神経失調症おすすめ記事

自律神経失調症~病院に行きたくない

自律神経失調症かもしれない、でも病院に行くのは恥ずかしい・・・と思って日々過ごしている人は多いと思います。
実際に私の知人も、「精神科には行きたくない」との理由で3年間程、放っておいてしまっていました。
ですが、そんな事をしていても自律神経失調症は治りません。
そして、病院に行きたくないというのは、女性に多い事のようです。
ここでは、病院に行きたくない女性についてお話したいと思います。

まず、何故自律神経失調症かもしれないのに精神科に行きたくないのか?という事なのですが、病院に行きたくないと言う多くの女性が、精神科に偏見をもっているのです。
精神科は、「周りの人と違う人が行くところ」と思ってしまっているのですね。
ですが、実際にはそんな事はありません。なので、恥ずかしがらずに病院へ行ってほしいですね。

そして自律神経失調症になる8割の人が女性なのです。
なのでまわりの目を気にしなくても大丈夫です。
決して「私だけ皆と違う、なんだか可笑しい」なんて思わないでくださいね。

自律神経失調症おすすめ記事

自律神経失調症の年代

あなたは、自律神経失調症という病気を知っていますか?
この自律神経失調症という病気は、ストレスなどが主な原因となって引き起こされている病気です。
あなたは、この自律神経失調症という病気は何歳ぐらいの人がかかりやすい病気だと思いますか?
ここでは、自律神経失調症が何歳くらいの人に起こりやすいかをお話したいと思います。

さて、この自律神経失調症という病気ですが、まず、10代の人にはあまりかかりません。
10代でかかっている自律神経失調症の患者は全体のわずか4パーセント程なのです。
次に、20代から30代の人です。自律神経失調症の患者は、ここで多くをしめています。
どちらも、全体の40パーセントほどを占めています。
このくらいの年齢の人は、一番周りの目を気にする傾向にあるようで、周りの目が気になると言う理由から、病院へ行きたがらないのです。
そして、40代の人になると自律神経失調症の患者は20パーセント程になっていきます。
更に、50代くらいになってくると、10代よりも少ない、1から2パーセントになっていくのです。

ですが、最近は10代の子がストレスを抱え始め、10代の自律神経失調症の患者が増えているようです。
自分の子供の様子をきちんと見ている事も大切になって来そうですね。
自律神経失調症おすすめ記事

自律神経失調症~発症のタイミング

あなたは自律神経失調症という病気を知っていますか?
この病気は、ストレスが大きな原因となって様々な症状が出てくる病気です。
この、自律神経失調症は、どんなタイミングで発症するのでしょうか。
ここでは、自律神経失調症が発症した時の体験談をお話します。

自律神経失調症は、いつ、どこで発症するかわかりません。
例えば、車の運転中に・・・なんていう患者もいます。
いつも通りに車で家に帰っていると何かがおかしい・・・
その日は特に疲れていたから、そのせいで少し体調がわるいのだろうか?とさほど気にもせずに帰っていました。
すると、足が痺れてきた・・・そこで、ようやくやばいのではないかと気づき始めました。
その痺れに気づき始めると今度は急に指先まで痺れてしまう事もあるようです。
慌てて車を路肩に止めても、痺れがとまる事は無く、更に顔や頭までも痺れてきたようです。
やっとの思いで病院までたどり着いたけれど「どこにも異常は見られない」。
これが、私の知人が自律神経失調症が発症した時の状況、ということでした。
自律神経失調症のおすすめ記事

専業主婦は自律神経失調症になりやすい?

あなたは、自律神経失調症という病気を知っていますか?
この病気は周りの人に理解されていないと、治りにくい病気だと言えます。
そして、近年では専業主婦の人がこの自律神経失調症になることが増えていると言います。
それは、何故なのでしょうか?ここでは、その理由についてお話していきたいと思います。

まず、専業主婦の人が自律神経失調症になりやすくなった理由に、旦那が「主婦は楽だ。」と思い込む人が多くなった為だと言われています。
専業主婦は子供の世話、家事、炊事、更には一番手のかかる旦那の世話もして、ずっと子供と家にいる。
これを、「楽をしている」だから、出かけさせない。という考えの人が増えたと言うのです。
いくら子供が可愛いといっても当然どこかでストレスが溜まります。
ですが、それを分かってもらえずにストレスをため続けて自律神経失調症になってしまうのです。
そして自律神経失調症になっても旦那は、「楽ばかりして、ストレスも溜まっていないのにこんな病気になるわけがない」と思ってしまい、病院にもいけなくなってしまうという悪循環になってしまうという人が増えてしまっているのです。

これを防ぐ為には、夫婦でよく話し合ってみたり、うまく幼稚園などを利用して、自分の時間を作る事が大切になってきます。
自律神経失調症おすすめ記事

自律神経失調症と症状が似た病気

あなたは、自律神経失調症という病気をしっているでしょうか。
この、自律神経失調症という病気は、他の病気に間違われてしまう場合があります。
その理由は自律神経失調症の症状とその病気がとてもよく似ているからなのです。
ですが、似ているというだけで全く違う病気です。
では、その病気とは、どんな病気で、なんという名前なのでしょうか。

その病気は、「パニック傷害」です。皆さんも、聞いた事があるのではないでしょうか。
なぜパニック傷害と自律神経失調症が間違われると思いますか?
それは、どっちも、症状がすごく似てるからなんです。
どっちも、息が苦しくなったり、体が痺れたり、意識が遠くなったりします。
なので自律神経失調症で病院に行って症状を細かく伝えても、「パニック傷害です、ストレスためてませんか?」と聞かれてしまいます。
なんの検査もせずにそういわれる事がたくさんあるので、殆どの人がもっとちゃんと見て!と言ってしまいます。
自律神経失調症とパニック傷害は、症状は似ていますが治療法は全く違います。
きちんと見てくれる病院を見つけたいところですね。
自律神経失調症関係のサイト

自律神経失調症は病気か

実は、「自律神経失調症」と呼んでいるのは日本だけなんです!
日本以外では、自律神経失調症という病気の名前は無いのです。
病気の名前が無いだけで、世界でも同じ症状に悩まされている人はたくさんいます。
そんな事を言うと、「じゃあ、自律神経失調症は病気なの?」と考える人もいるのではないですか?
ここでは、自律神経失調症は病気と認められているのかという事をお話したいと思います。

自律神経失調症は、実は原因不明の病気としての、大雑把な事しか分類されていないのです。
とても曖昧なモノなので、病気として扱ってくれない病院もたくさんあります。
そんな病院でなんと診断されるのかと言うと、「鬱病やパニック傷害」と言われてしまう事が多いのです。
ですが、その病気とは薬が違ったり、治療法も全く異なったりするので、
「病院に行っても私の病気は全く良くならない・・・」と更に患者を苦しめることになってしまう場合もあります。
そして、患者が自己判断で治療を諦めてしまい、病院に来なくなってしまって自律神経失調症は、長年の悩みになってしまう場合も少なくありません。
結論としては、世界では自律神経失調症は正式な病名として認められていませんが、たしかに症状は存在し、治療法もあるので適切な処置をしてくれる病院を探してほしいですね。

自律神経失調症の関連記事