自律神経失調症の先生

高校卒業直前に、担任の先生の様子がおかしくなった。
授業中に急に黒板の前で止まってしまった。
私たちは何が起こったのやらわからず、最初はただ見ていたがしばらくすると、ただ事ではない雰囲気になり何人かの生徒が先生と一緒に保健室に行った。

次の日も、その何日後にも同じようなことが起こった。
そして先生は数日間学校を休んだ。
副担任の先生の説明によると「急にめまいや動悸が激しくなってしまうみたいだけれど、カラダに特に異状は見られないから安心して下さい。」とのこと。

それ以外の説明はなく、数日後先生はいつものように復帰したので私たちはそのまま卒業した。

1年後、同窓会が開かれた。
先生も顔を出してくれたのだが、その姿があまりにも違っていて驚いた。
ほっそりとしていたはずの先生はお腹がズボンに収まりきらないほどに太っていた。

ニコニコしてはいたが、顔色も悪かった。
楽しい雰囲気で会がすすめられたため、みんな体型以外のことには触れずにいた。
しかし先生から「実はね、あの時から自律神経失調症にかかってしまったんだ。いや、あの前から結構症状はあったんだけど。
太っちゃったのは薬のせいもあるんだ。」と自律神経失調症のことを話してくれた。

先生は昔から緊張したりすると、お腹を壊したり、汗が止まらなくなったりカラダに出るタイプだったそうだ。
でもそれは元々だったし、大人になってから症状が以前に比べて強くなっても「少しがんばればなんとかなる。」と病気を直視しないようにしていたそうだ。

数多くの生徒を見ているうちに「もしかして自分は自律神経失調症ではないだろうか。」と思ったこともあったそうだが、なかなかそれを認められずにいたのもあるとのことだった。

それがあの時イッキにきた。動けなくなるくらいのめまいだったよ。
知らず知らずのうちにストレスをため込んでいたんだろうね。あれからもなかなか病気と向き合えなくて今ではちょっとした対人恐怖や不安症にもなっちゃったんだ。

ストレスをため込むと大変だよ。すぐに言うこと。
でもね、それってすごく難しいことなんだよ。
生徒に対しては「気のすむまでのんびりしなさい」って言えるくせに自分は無意識のうちにすぐに復帰のことや、仕事を取り返すことを考えてしまうんだ。

性格も関係しているから、すぐに治ったりはしないけど。
あとね社会がなかなかこの病気を理解してくれないのも、難しいところ。
自律神経失調症って結局どこが悪いってわからないから診断されただけでしょって済まされることもある。

自律神経失調症は心の病気なんでしょ?気持ちの問題でしょ?ってそれ以上に理解をしようとしてくれなかったりするんだよ。
そんな中で、自分が病気であることを認めるのって結構しんどいよ。
でも嘘じゃなくて、確実にカラダに症状が出るんだ。
だからこれは立派な病気!

と少し照れながら、昔の授業みたいに話してくれた。

今なら先生がどうしてあの時あえて自分の病気の話をしてくれたかわかる気がする。
それ以来、私はこの病気に何度か出会うことになる。
そしてキチンと理解していなければ、正しく対処することが本当に難しい。
いや、理解しているつもりでも実際はなかなか行動できないことが多い。
今でも考えさせられることの多い出来事だ。
自律神経失調症にという病気を知っていますか

自動車保険は強制保険と任意保険の二種類があります。いちばん安い車の保険

自律神経失調症について考える

高校時代に友人の父親が自律神経失調症になった。
私が通っている高校には「自律神経失調症」と診断されて長期休養していたり授業の途中から登校してくるような生徒が何人かいて今考えると、その手の病気に関する理解が深い学校だったのかどうか微妙なところだが当時は特に何ら違和感なくその病気を受け入れていたように思う。

「大変だな。無理しないでのんびりしたらいいよ。」
そのような雰囲気だった。

しかし皆どこか他人事のように捉えていたところがあった。
「まぁ、病気と言っても自分にうつったり、死んだりするわけじゃないし。」と。

確かに、当時自律神経失調症と言っていた人たちのほとんどの症状は軽度でもちろん家庭環境などの関係していたとは思うが、思春期にホルモンバランスが崩れることと、受験によるストレスが大半を占めていたのではないだろうか。

皆、少し時間はかかっていたが卒業までには治っていたり、症状が軽くなっていったりしていた。そのため自律神経失調症は「その程度の病気」として片づけられていたように思う。

ところがその友人においては、自律神経失調症は深刻なものだった。
一家の大黒柱が自律神経失調症になり、症状は深刻(彼女の話によるととにかく「鬱」の症状が強かったそうだ。)、父親は会社を辞めることになり、代わりに母親が勤め始めた。
母親が資格を持っていたため、経済的に困るようなことはなかったようだが父親は家事ができるような状態でもなかったようで彼女が家事のほとんどを担当するようになった。
彼女はそんな苦労を人前で見せたりするタイプではなかったが、
ただでさえ大変な受験期に家庭環境がガラリと変わり、さらに自分で家事をこなさなければならないという話を聞いただけで大変であろうことは平和ボケしていた高校時代の私でもわかった。

彼女いわく、もちろん人それぞれ症状は違うものの子ども(高校生含む)が自律神経失調症になるよりも大人がなる方がストレスの蓄積が長い分症状が重いことが多いそうだ。

そんな彼女を見て、やっとこの病気の大変さに気づくことができたように思う。
「その程度の病気」は周りにいる人の生活をも変えてしまうほどの影響力があった。
重度になれば本人ももちろん大変な思いをするが、その家族や周りの人にも関係してくる。

自分も社会に属している限り、これからもっと自律神経失調症に出会うことになるんだろう。
その時、適切な対処を取れるようにしなくては。
自律神経失調症に自分がなった時も、周りの人がなった時も。
それ以来、そのように考えるようになった。
自律神経失調症はストレスからなることが多いそうですよ。

自律神経失調症でストレス解消でカードを使いまくり、払えなくなってしまう人もいるそうです。過払い金請求 相談すると良いでしょう。

自律神経失調症の体験談1

どこの会社も似たようなものなのかもしれませんが私が最初に勤めた会社は、表向きは社員の体調を気遣っている風でも実際働いている仲間内の間ではあまり理解がない雰囲気でした。
女性社員が生理休暇を取ると、認められはするものの、やはり「いいよなー、女は」と陰口を言われたり「ようは責任意識の問題だ。」とメンタル面での問題を軽んじらていたように思えます。

私の上司も優しくてとても部下思いな人でしたが、そのあたりの意識はあまり高くないような人でした。
「休んだ方がいいよ。」と言ってはくれるのですが「会社でそのように言うように言われているから」という感じが隠しきれない感じが伝わってくるのでやはりみんな自分の体調についてあまり口にできない雰囲気でした。

そんな中、一人の先輩から「出社しようとすると動悸が激しくなったり、腹痛が激しくなって冷や汗が止まらない。」という連絡がきました。
先輩は仕事をバリバリこなすタイプの人ではありませんでしたが、人に頼まれたことを断れないお人よしな性格で、大変な仕事をよくまかされてしまうタイプの人でした。

病院に行って診断を受けると結果「自律神経失調症」。
上司には、昼夜を問わないような過酷な労働によるストレスによるものと報告されたようです。
「『自律神経失調症』って、つまり心の病気ってやつでしょ?あいつってそんなに辛い仕事してたっけ?

甘え過ぎなんじゃないのかね、みんなストレス抱えててもがんばってるのに。」やはり周りも上司もあまり先輩に対して理解をしようとする雰囲気がありません。
んー、どうしたものか。
私は今まで自分の周りでそのような症状に苦しんでいる人を見たことがあるため、みんなと同じような態度が取れませんでした。
周りに言うべきかどうか。
でも言ったところでどうしようもない気もするし・・と迷っているうちに、上司ともう一人の先輩が本人宅を訪問したとのこと。
優しいところもあるじゃないか!と詳しく話を聞いてみると、なんと「みんな待っているから、一刻も早く治して復帰できるようにがんばって」と激励してきたというから驚きました。

がんばれと背中を押すことは、時と場合によって人を苦しめることになるからです。
先輩が自律神経失調症であるならそれはなおさらのこと。
ストレスで体調がおかしくなってしまっている人に対して追いうちをかけたようなものです。

勇気を持って話すべきであった、と私は後悔しました。
その後、先輩に連絡を取るべきかどうか悩みましたが「仕事のことはこちらでなんとかできるので、まずはゆっくりしてほしい。」とメールだけしたのですが今思うと、「仕事をこっちでやる」と言ったことで、責任感の強い先輩に余計なプレッシャーを与えはしなかっただろうか、と不安になります。

自律神経失調症のことを知っていたって、どのような態度をとるべきか難しい問題です。
知らないことは間違いを生みますし、患者の病状をさらに悪化させてしまうことにもなりかねません。

数ヵ月後、先輩は仕事を辞めました。
会社にはカウンセラーさんもいますし、診断をされた社員に対してある程度の保障もありますが、やはりそれ以外にも、周りの理解が大切なんだと痛感させられる出来事でした。
もちろん自律神経失調症の原因が会社だけにあったわけではないと思いますが、それでも、もっとなんとかできることがあったのではないだろうかと思います。
自律神経失調症の関連記事

自律神経失調症~ポジティブシンキング 

あなたは、自律神経失調症という病気について何か知っていますか?
「自律神経失調症は病院で治療をするしかない」と思っている人が多いと思います。
確かに、病院にも行かなければいけません。病気なのですから、それは、当たり前の事です。
ですが、お家でのセルフケアの一つとして自分の考え方を少し変えていくだけでとても楽になる事があるのです。
ここでは、その、自分の考え方を変えるという事がどんな事なのかをお話したいと思います。

さて、自律神経失調症の患者の多くに見られるのは何でも、後ろ向きに捉えてしまうという事なんです。
例えば、朝、「おはよう」と挨拶をしたとします。
相手に聞こえていなくて、返事が返ってこなかった時ってだれにでもありますよね。
そんな時にあなたはどう思いますか?多くの人が「聞こえてなかったのかな?」と思いますよね。
だけど自律神経失調症の患者は、違う捉え方をするのです。
「無視された、嫌われた」とネガティブに考えてしまうのです。
そんな風に考えてしまっていてはストレスが大きな原因の自律神経失調症はますます悪化してしまいます。
そうならないようにまずは、自分の気持ちをポジティブにすることが大切です。
他人の目を必要以上に感じてしまわないように注意しましょう。
自律神経失調症の記事

自律神経失調症~音楽療法

あなたは、自律神経失調症に音楽療法が効果的だと知っていますか?
これは、最近になってやっと認められてきた自律神経失調症の治療法です。
音楽は、ストレスを解消してくれる働きがあると言われています。
では、どんな時間にどんな音楽を聴けばいいのでしょうか?
ここでは、自律神経失調症の治療に役立つ音楽療法の仕方をお話します。

まず、音楽療法が最適とされる時間なのですが、これは、自分がしたい!と思ったときで良いのです。
例えば、お風呂に入っている時でもいいし、寝る前だって構いません。
ただし、より自律神経失調症の治療として望ましいのは同じ時間帯に音楽を聴くことです。
同じ時間に音楽を聴いて体に慣れておいてもらうことで更に効果が期待できるのです。
また、適切とされる時間はありませんが、もし、その自律神経失調症の患者が睡眠をあまり取れていないようなら寝る前に音楽療法をすると
眠りが深くなってくれるのでオススメです。
基本的には自分の好きな曲で良いのですが、あまり激しい音楽は避けた方が無難ですね。
自律神経失調症おすすめ記事