家の外壁塗装の塗料の選び方

外壁塗装の塗料は種類が多いのでみなさんとても迷ってしまうと思います。そもそも外壁塗装を行う場合、建物の外観、見栄えを気にするのは当たり前です。家も建ててから15年が経過すると大分、見た目も悪くなり外壁塗装の必要がでてきます。そのため、外壁塗装を行う方が多いのです。

しかし塗装は、見栄え目的で行われるとは限りません。他にも断熱性に関する問題もあるのです。
そもそも建物によっては、あまり断熱性が優れていない場合があります。冬はとても寒い上に、夏は非常に暑くなっている建物もある訳です。それでは住み心地も悪くなってしまいます。

そんな場合、遮熱性のある塗料で外壁塗装を行いますと、断熱性を高められますから、夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごせます。
塗料には外観をよくする以外にもいろいろと付加価値をもったものがたくさん出ていますから何を使えばよいのか迷うのも当たり前だといえます。

家の外壁塗装の塗料を選ぶとき、何を重視するのか、価格の安さやもち具合、防カビや遮熱、汚れにくさなど、重視する点は人によってそれぞれだと思います。

今住んでいる家の外壁素材によってもおすすめも塗料は変わってきます。外壁塗装の選択肢は決して1種類だけではないです。
見栄えを好転させる事に向いている塗料もあれば、断熱性が優れた塗料など色々です。自分の状況に合わせた塗料を選ぶ事は、とても大切と言えます。

それと同時に選んだ塗料を使って実際に施工してもらう工事会社も重要です。こちらも選ぶのに大変迷うことは間違いありません。
そんな時は家の外壁塗装塗替えナビが参考になります。

住宅取得やリフォームの減税

住宅をローンで購入した場合や住宅のリフォームを行った場合に要件を満たすと、10年間、住宅ローンの年末残高の1%が所得税から控除されるそうです。

要件とは工事費100万円を超すもので費用の50%以上の額が自己の居住用の工事費用であること。リフォーム後の床面積が50㎡以上で床面積の50%以上の部分が自己の居住用であること。
合計所得額が3000万円以下であることがあげられます。

この場合の所得額は世帯のではなく、減税を受ける住宅所有者本人の所得額です。
その他、工事完了若しくは住宅の取得から6か月以内に対象住宅へ居住し、適用年の末日(12月31日)まで居住している事が住宅ローン減税を受ける為の要件となります。

しかしこれではローンを組まずに自己資金のみでリフォーム工事を行った場合、減税が受けられないという不公平な状態でした。
その為、平成21年度からは定められたリフォーム工事で要件を満たしていればローンを組まずに自己資金で行っても減税が受けられる投資型減税の導入が始まりました。

定められたリフォーム工事とは耐震リフォーム、バリアフリーリフォーム、省エネリフォームです。
これらの工事で要件を満たしていれば、「所得税の控除」や「固定資産税の減額」「贈与税の非課税措置」を受けることができます。
「贈与税の非課税措置」「登録免許税の軽減」などの税制上の優遇が受けられる為、住宅の取得やリフォームがし易くなっています。

「贈与税の非課税措置」の内容は平成27年1月1日から平成31年6月30日までの間、満20歳以上(贈与を受けた年の1月1日時点)の個人が親や祖父母などから住宅の増改築等(または新築、取得)の資金を受けた場合において、一定金額までの贈与につき贈与税が非課税になるというものです。