自律神経失調症の年代

あなたは、自律神経失調症という病気を知っていますか?
この自律神経失調症という病気は、ストレスなどが主な原因となって引き起こされている病気です。
あなたは、この自律神経失調症という病気は何歳ぐらいの人がかかりやすい病気だと思いますか?
ここでは、自律神経失調症が何歳くらいの人に起こりやすいかをお話したいと思います。

さて、この自律神経失調症という病気ですが、まず、10代の人にはあまりかかりません。
10代でかかっている自律神経失調症の患者は全体のわずか4パーセント程なのです。
次に、20代から30代の人です。自律神経失調症の患者は、ここで多くをしめています。
どちらも、全体の40パーセントほどを占めています。
このくらいの年齢の人は、一番周りの目を気にする傾向にあるようで、周りの目が気になると言う理由から、病院へ行きたがらないのです。
そして、40代の人になると自律神経失調症の患者は20パーセント程になっていきます。
更に、50代くらいになってくると、10代よりも少ない、1から2パーセントになっていくのです。

ですが、最近は10代の子がストレスを抱え始め、10代の自律神経失調症の患者が増えているようです。
自分の子供の様子をきちんと見ている事も大切になって来そうですね。
自律神経失調症おすすめ記事

コメントは受け付けていません。